モビット審査を通過するコツ

モビットではパートやアルバイトの人も含めて、安定した収入のある人であれば誰でも融資を受けることができます。この審査も非常に便利になってきており、全部の手続きをインターネットとメールのみで対応できるWEB完結サービスなど人気が高まってきています。


審査では信用情報との他社の借り入れを確認する

まず、モビットだけでなく貸金を行っている消費者金融では、審査の申し込みがあると収入や信用情報という過去のお金のやり取りの経歴、他社へ借り入れがあるかどうかなどを確認します。これは信用情報機関という独立した、情報管理会社が管理しているものなので、審査の申し込みの際に、情報の開示に同意することとなります。この上で、貸付を行っても大丈夫だと判断されればお金を借りることができます。(⇒ウェブ完結のモビットすぐわかるWeb審査)原則として身分証のみで借り入れを行うことができるのですが、借入金額が高い場合や、限度額が高く希望されていると収入証明書を提出しなくてはいけない場合もあります。


限度額を低めに設定すると審査で有利?

限度額内であれば、モビットは返済の途中でも借り入れを行うことができます。つまり限度額は高いほうが有利ということになります。ただし、限度額はあまり最初から高いと審査に通らなくなってしまうこともあるそうです。モビットではちゃんと返済を行える人かどうか、の判断材料が実績ではなく過去の履歴からしか確認できないため、急に高い限度額を設定するのが難しいということです。低めの限度額でもきちんと返済を行うことで返済の実績が出来上がるので、途中で限度額が上がることもあるそうです。